あなたのいる環境は?

こんにちは!新米管理薬剤師です。

いよいよ今年も残すところあと10日余りとなりましたね。

私も転職してから早5ヶ月目が過ぎようとしております。まさかたった2週間で管理薬剤師となって、2ヶ月目には新規個別指導を受けることになるとは、思いもしませんでした(‘Д’)

しかしやってみれば、多くの失敗や後悔もあれど今こうして何とか患者さんとのやり取りを楽しく勉強させていただいております。

あなたも最初は嫌だったり不安だったりしたことも、いざ終わってみればいい経験だったな、と思ったことはありませんか?

今日はそんなコンフォートゾーンにまつわるお話です。

コンフォートゾーンって?

コンフォートゾーンとは、日本語だと「安全領域」とか「快適領域」と訳されます。図の一番真ん中の領域です。つまりは、私たちがストレスや恐怖、不安を感じることがなく安心して過ごせる環境のことです。
もともとは、1908年に、アメリカの心理学者であり、動物行動学者でもあるロバート・M・ヤーキーズと、同じく心理学者のジョン・D・ドットソンが提唱した「ヤーキーズ・ドットソン の法則」に端を発しています。
「ヤーキーズ・ドットソン の法則」とは、わたしたちはある程度のストレスを感じていたほうが、ストレスがまったくない状態よりも作業の効率が上がるというものです。

 

例えば、私のように転職してほとんど経験のない職種に、しかも急に責任の大きな役職を任された時のように、わからないことばかりの状況ではかなりストレスフルな環境がありました。
しかし、しばらくたって慣れてきたら毎日の患者さんとのやり取りや薬の在庫管理、患者さんとのトラブル対応など落ち着いて対応できるようになってきています。

新米管理薬剤師
これがコンフォートゾーンが広がる、ということです♪

 

また、自分自身の収入は自分が良く接している10人の平均年収が自分の将来の年収になるという話を聞いたことはありませんか?

これもいわゆるコンフォートゾーンによるものと言われています。年収500万円の人が年収10億円の人と一緒にいても話がうまくかみ合わなかったりすることが想像できませんか?

と、なるとやっぱり年収500万に近い人たちで集まった方がその人にとってのコンフォートゾーンになる、ということになります。

 

では、あなたが年収を増やしたい、と思ったらどうしたらいいでしょうか?

 

勘の鋭いあなたならもうお気づきですね。
年収が高い人たちの集まりの中に入っていくのです。
自分のコンフォートゾーンから1歩踏み出してラーニングゾーンに出てみる、ということですね。この一歩が出せるかどうかであなたの世界は大きく変わります。

 

ただ、一つ注意していただきたいのがあくまでコンフォートゾーンから『一歩』踏み出してみる、ということです。

部活の大会で言えば市民大会から、県大会へという具合ですね。急にここであわてて世界大会へ行ってしまうと逆にパニックゾーンへ行ってしまうことは想像できますよね。

県大会に初めて参加した時はドキドキするものですが、慣れてくると県大会からさらに上を目指したくなりますよね♪

そういったことを続けていけば世界大会へいずれ自信をもって参加することができるでしょう。

あなたは今の環境で満足していますか?何か変えてみたいと思ったら今までは怖くてやらなかったこと、避けてきたことを敢えて行ってみることも大事な一歩ですね♪

 

自分には無理!と決めつけずまずはやってみましょう(^^♪

思ったより大したことないなってすぐに思えることでしょう。

 

最後に

新米管理薬剤師

年末年始で忙しく過ごされると思いますが、体には十分に気を付けてくださいね♪
私も風邪などを引かないように気を付けます!

 

 

目指せ!日本一のこども薬剤師

新米管理薬剤師


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください